グループウェアの導入方法とメリット|業務効率と人材管理の最適化

コンサルタント
.

電気CADの機能性

PCを操作する人

汎用CADを用いて電気申請図面の作図を行っている事業者というのは、少なからず存在するでしょう。そういった事業者の多くは、その作図作業に関して様々な不満点を抱いているはずです。汎用CADを用いて電気申請図面の作図を行った場合、既存の図面に対する追加や変更を行うだけでも手間と時間掛かります。また、見積書作成に関しても、汎用CADで作成した電気申請図面を基に材料の拾い出しを行い、材料一つ一つの単価を調べて上で見積を計算する必要があります。場合によっては、見積書作成後に材料が足り無いといった事態が発生することもあるのです。そうなると、また一から見積書を作り直すことになります。電気CADを導入することで、そういった手間や時間が掛からなくなり、ミスも発生しなくなるでしょう。
電気CADであれば、既存の図面に対する追加や修正といった作業をマウスのみの簡単操作で処理することが可能です。また、見積書を作成するための積算ソフトの機能を統合した電気CAD等も存在し、そういった電気CADであれば、システム上で作図した図面の情報を積算ソフトとリンクさせることで材料の拾い出しを自動で行うことが可能です。材料一つ一つの単価調査についても、電気CADに収録された多数のカタログから半自動的にピックアップすることができるので、手間が掛かりません。また、一つのシステム上で電気申請図面の作図と見積書作成を行えるので、材料が足りないといったミスを未然に防ぐことができるのです。