グループウェアの導入方法とメリット|業務効率と人材管理の最適化

コンサルタント
.

基本的なルールについて

オフィス

近年、ストレスチェックと呼ばれる制度が50名以上の従業員が務める全ての国内企業に義務化されました。この制度は義務ですので、企業は年に一度必ずそれを実施しなければなりません。ストレスチェックを実施する際には、幾つかのポイントについて把握した上で実施することが大切になるでしょう。そのポイントの一つ目として、基本的なルールが挙げられます。まずは、その基本的なルールについて知っていくことが大切です。
ストレスチェックの基本的なルールとして、まず義務の対象が挙げられます。この制度の義務対象というのは企業側のストレスチェック実施義務であって、従業員に対する解答義務ではありません。そのため、企業側は従業員に対して解答を強制することはできないのです。次に、解答後のストレスチェックアンケートの扱い方についてです。解答後のアンケートは企業側の担当者が回収し、企業と連携している産業医へ提出・診断してもらいます。その時、企業側の担当者は解答済みのアンケートを閲覧してはいけません。解答済みのアンケートが開示されるのは、その解答を行った従業員と産業医のみになります。それは、診断結果についても同じです。解答を行った従業員は、診断結果によって産業医と面談を行なうことが可能となっています。任意での面談となるので、それ行なうかどうかを自身で判断しましょう。面談を行なう場合、企業側の担当者に話しを通す必要があります。企業側の担当者は、面談の依頼を受けた際にその従業員に対してマイナスとなる措置を取ってはいけません。